悲劇?人間不信超えて…朴氏、3

cabal rmt広大な庭もある。10代の頃から社会貢献を意識し、「国の産業の担い手になりたい」と大学では電子工学を専攻した。 就任式とパレードを終えた朴氏は、赤い民族衣装に着替え、午後1時半前に青瓦台に到着。青瓦台に女性大統領が入るのはもちカバル RMTろん初めてだ。 国母と慕われた母の方針で暮らしは質素だった。周辺住民らの握手攻めに遭い、「感慨深い」と繰り返し、執務室に向かった11歳だった。母が父を狙った流れ弾で殺された。朴氏が、この「とてつもなく広い庭に圧倒された」のは、父の朴正煕(パクチョンヒ)氏が大統領選に当選した1963年末。 青瓦台は建物だけでも約6000平方メートル。仏留学中だった朴氏は急きょ、帰国し、22歳の「ファーストレディー」として父の国内視察などに同行、政治哲学を学んだ。青瓦台を離れた後は、元側近らまで「独裁政権だった」と手のひらを返す姿に、人間不信に陥ったという98年に国会議員に初当選するまで、随筆執筆や、地方への一人旅で心を癒やした。韓国メディアも、両親を凶弾で失った悲劇の半生を改めて大きく報じている。 【ソウル=中川孝之】25日に第18代韓国大統領に就任した朴槿恵(パククネ)氏(61)は、大統領の娘として過ごした青瓦台(チョンワデ)(大統領府)に、33年ぶりに「主」として戻った。 その父も79年10月、側近に射殺された。 悲劇は74年に訪れた

发表留言

秘密留言

自我介绍

fveiahfejf

Author:fveiahfejf
欢迎来到FC2博客!

最新文章
最新留言
最新引用
月份存档
类别
搜索栏
RSS链接
链接
加为博客好友

和此人成为博客好友